「ヴィーガン」タグアーカイブ

ココナッツオイル、ココナッツミルク、ココナッツウォーターって違う?

ココフリオ,cocofrio,ヴィーガン,

少し前に流行ったスーパーフード「ココナッツオイル」
健康に良い、美容に良い、ダイエットに良いって認識はあるけど、一体何が美容やダイエットに効くのでしょうか?
またココナッツオイルとココナッツミルクとココナッツウォーター、全てココナッツから作られていますが、それぞれどのような効果があるのでしょうか?

今やコンビニでも簡単に買えるココナッツ製品だからこそ、きちんと知っておきたいココナッツのあれこれを今日のアゲルブログではお教えしちゃいます。
また、オーストラリアで大人気の有機ヴィーガンココナッツミルクアイス、ココフリオ(Cocofrio)もご紹介しちゃいます。


【アゲルセレクション】
有機ヴィーガンアイス
ココフリオ(Cocofrio) ネイキッドココナッツ 500ml

ココフリオ,cocofrio,ココナッツミルクアイス,
ココフリオ(Cocofrio) ネイキッドココナッツ 500ml


【目次】

1.ココナッツミルク,ココナッツオイル,ココナッツウォーターの違い
2.それぞれを詳しく解説

ヤシの木,ココナッツ,


ココナッツミルク,ココナッツオイル,ココナッツウォーターの違いを簡単に説明すると

【ココナッツの中にココナッツウォーターと呼ばれる液体が入っている】
これは若いココナッツに含まれていて、成熟するとなくなります。

【成熟したココナッツの内側には水分ではなく白い固形物があり、その部分を煮だしたり、絞ったりしてできた液体をココナッツミルクという】
ココナッツミルクの中にはミルク・オイル・水分が混ざっており、ココナッツミルクから油分を抽出したものがココナッツオイル、水分を抽出したものもココナッツウォーターを呼びます。
全て混ざっている状態のココナッツミルクの方がいいような気がしますが、ココナツミルクは劣化しやすく、常温での保存には向きません。

【ココナッツミルクの中の良い成分を凝縮したココナッツオイルは、常温での保存も可能】
食べるだけでなく、肌や髪に塗るなど使い勝手も良いのでココナッツミルクに比べて利用しやすいのが特長です。

では、もう少し詳しくそれぞれを見ていきましょう。


熱中症対策にもってこいのココナッツウォーター

ココナッツウォーターは液状胚乳と呼ばれる若いココナッツの実の中央部分に溜まっている水分のことです。
ココナッツウォーターは透明で電解質(イオン)が豊富な水分で、現地ではココナッツジュースとも呼ばれています。
ココナッツの果実は熟してくると、中のココナッツウォーター(液状胚乳)が固まって固形胚乳となります。
この固形胚乳がココナッツミルクやココナッツオイルの原材料になります。

ココナッツミルクやココナッツオイルの主成分が脂質であるのに比べて、ココナッツウォーターには脂質がほとんど含まれておらず、その分、体の疲労を回復してくれるミネラルが豊富に含まれています。
ココナッツウォーターのミネラル分には、体の中の塩分量を調節・排出してむくみ解消の働きをし血圧を下げる役割のあるカリウム、イライラを防止するマグネシウム、貧血予防に効果的な鉄分・マンガンなどが多く含まれています。

汗と一緒に流れ出やすいミネラルが多く含まれているだけでなく、ココナッツウォーターは飲むとすぐに体内に吸収されるので熱中症対策にも即効性がありピッタリです。
ミネラルやイオンのほのかな甘みがまるでスポーツ飲料のように飲みやすく、現地以外でもハリウッドセレブやモデル、芸能人を中心に人気が高まりました。

南国生まれの果実だから体を冷やす効果があるので、冷え性の方が冬に飲むには不向きですが、真夏日が続く日本の夏ではまず上がった体温を冷やして失ったミネラル分を補給してあげなければ、すぐに夏バテしてしまいます。
温暖化によって亜熱帯に変化しつつある日本の気候には熱帯地域で生まれ育ったココナッツの力で暑い季節を乗り切りたいものです。


栄養価が高い甘味料といえばココナッツミルク

ココナッツミルクは、成熟したココナッツの中身である固形胚乳の部分をすりおろして水と一緒に混ぜそのまま絞ったり、弱火で煮てその煮汁裏ごしして抽出した液体部分です。
液体は乳白色で甘くてコクがあるので、スイーツの主原料や料理の隠し味に使用される事が多く、ココナッツが多く自生する東南アジアではスイーツならタピオカドリンクやタピオカぷりん、料理ならカレーなどに使われています。

また、経口での摂取以外にもココナッツオイルと同じように直接肌や髪に塗ってヘアケアやボディケアにも利用できます。
ココナッツミルクの製造工程は先ほどご紹介した通り、すりおろした固形胚乳に水を加えて裏ごしするだけなので、ココナッツオイルと比べて比較的安価で手に入りやすいですね。
しかし、常温でそのまま保存ができず、すぐに傷んでしまうので、保存料を添加した缶入りやパウダー状にして販売されることが多いです。

昨今の健康ニーズによって、砂糖や保存料などの添加物を不使用の無添加ココナッツミルクや有機JASなどの第三者機関から認定を受けたオーガニックのココナッツミルクも多く見かけるようになりましたね。


ココナッツミルクを使う際に気を付けること

缶入りやパック入りのココナッツミルクは無添加であってもそうでなくても一度開封したら、日持ちがしない食品です。
なるべく早く使い切ってしまうか、冷凍保存すると比較的長く保存することができるのでおススメ。
また、缶入りのココナッツミルクは、開封してみると全部が液体ではなくて固まって固形になっていて混ざり合った状態の時が多いと思います。
これはココナッツの油脂分が25℃以下であると凝固するという性質のためです。
ですので、使用する際は湯せんをして全て液状にする事で丸ごと全部使う事ができます。

ココナッツミルクは100gあたりで約150kcalあり、脂質も多いので摂り過ぎは気を付けた方が良いですね。
もちろんココナッツウォーター同様にカリウム、マグネシウム、鉄分、銅、マンガンなどのミネラル分が豊富なので、疲労回復効果、高血圧の予防、動脈硬化の予防などの効果が期待できます。

ミルクという名称がついていますが、これは液体の色が乳白色のためで乳成分は一切入っておりません。
ですので、牛乳アレルギーのある方は、牛乳の代替品としてココナッツミルクを摂取される方が非常に多いです。


ココナッツオイルはどうやって作られるの?

ココナッツオイルは、ココナッツミルクと同じように成熟したココナッツの固形胚乳の部分を使いますが、その精製方法は少し違います。
まず、固形胚乳を細かく粉砕して圧搾します。この圧搾する段階で固形胚乳を40℃以下の低温でじっくりと液体化させ抽出する製法や、固形胚乳を高温で蒸して乾燥させてから抽出する製法など様々な精製方法があります。この圧搾方法によってココナッツオイルの品質が変わってくるのです。

圧搾段階では、まだミルクや水分が混じった状態ですが、この圧搾して抽出した液体をさらに分離させてオイルだけを抽出させて「ココナッツオイル」となるのです。
製造工程が多く、また品質の良い物になると手作業の部分も多くなり、時間と手間が多くかかるため、ココナッツオイルはココナッツミルクに比べてその価格が高い物が多いのです。
ココナッツオイルは、ミルク部分や水分などの痛み易い成分を取り除いているので、常温でも長持ちするのも特徴。


ココナッツオイルが人気になった理由

ココナッツオイルの脂質は中鎖脂肪酸という体内に摂取されるとすぐに分解されてエネルギーに変わる脂質なので、ダイエットにピッタリのオイルといわれています。
またココナッツミルクよりもラウリン酸という抗菌・抗炎症作用があり免疫力も高めてくれる母乳にも含まれている成分が豊富に含まれています。
さらにこれらだけでなく、抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できるビタミンEも含まれているので、ココナッツオイルが一躍有名になったんですね。

でも、気を付けていただきたい点が一つあります。
ダイエットにピッタリで美容にも良いココナッツオイルですが、あくまでも油です。
過剰に摂取すると油分・脂質の摂り過ぎでダイエットにも美容にも悪影響を与えてしまいます。
適量を毎日摂取することが美と健康の近道ですよ。

ココナッツミルク,ココナッツオイル,ココナッツウォーター,
ダイエット中にも食べられるココナッツミルクアイス
ココフリオ(Cocofrio) フレーバー3種 155ml×6個セット
原材料:ココナッツミルク(約70%)

■関連記事をチェック
NHKあさイチも特集!女性の味方スーパーフード「ピタヤ」
ピタヤと対極!?青いスーパーフード”進化系スピルリナ”
【日焼け止めは内側から】食べる日焼け止めフードをご紹介!
砂糖フリーなお菓子ならやっぱりドライフルーツがおすすめ!
 乾燥させるとイイコトだらけ? ドライフルーツで美味しく健康に!

—————————————————————————-
あなたの毎日をアゲル・上げる・だんだん良くする

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)のパイオニア
~アゲル Online Shop~

南国の香りが広がる!爽やかなヴィーガンピタヤスープ 【アゲル-レシピ】

南国の香り広がるピタヤスープ

フランス料理の「ブイヤベース」、タイ料理の「トムヤムクン」と並んで世界三大スープと称されるロシア料理の「ボルシチ」。

日本ではあまり食べる機会がないボルシチですが、ロシアでは日本の味噌汁のように各家庭でそれぞれのおふくろの味がある家庭料理なのです。

ボルシチとは元々はウクライナ語で草や薬草の煮汁を意味する言葉で、ビーツやタマネギ、ニンジン、キャベツ、炒めた牛肉などをじっくり煮込んで作る具だくさんスープです。

今挙げた具材は一般的な具材で、家庭によっては豚肉、牛肉、鶏肉、マトンなど好きな肉類を入れます。

ハムやソーセージが入っているボルシチもあれば、肉は全然入っていないヴィーガンブロススープなボルシチもあります。
野菜や果物もロシア料理には欠かせないジャガイモをはじめ、キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、インゲン豆、トマト、さやえんどう、カブ、ピーマン、とうもろこし、リンゴなどまさに様々です。

そしてボルシチに絶対外せないのが、「ビーツ」「ハーブ類」「スメタナ」です。

ビーツは言わずと知れたボルシチの主役。
ボルシチのスープの赤色はビーツの色素成分であるポリフェノール「ベタシアニン」の赤色なのです。
このベタシアニンはビーツ以外にもピタヤ(レッドドラゴンフルーツ)に多く含まれています。

好みが別れるハーブ類でボルシチにオススメしたいのが「ディル(イノンド)」です。
消化を促進してくれるこのディルはスッキリとした風味が特徴で肉類を入れたボルシチには特に合います。

出来上がったボルシチにお好みでかけるスメタナは、東欧原産の発酵乳(サワークリーム)です。
好気性細菌と嫌気性細菌が共存して発酵するこのスメタナは、一般的なヨーグルトと同等の栄養価で、低温発酵が可能なので傷みにくいのが特徴です。

と、ここまでボルシチがどういったスープなのかをご紹介してきましたが、実は今回レシピのご紹介をするのはボルシチの主役ビーツと同じ赤色色素のベタシアニンが含まれているピタヤを使ったヴィーガンブロススープなんです!

それでは早速、ピタヤを使ったヴィーガンブロススープのレシピをご紹介します。

南国の香り広がるピタヤスープ

ライムとクミンの香りが食欲を誘う爽やかなピタヤスープです。

動物性の具材を使用していないヴィーガンブロススープなので、ヴィーガンの方にも食べていただけるスープ。

冬は温かいスープで体の芯から温まり、夏は冷やして食欲の無い時でもさっぱり栄養補給ができますよ。

ピタヤスープ,材料,

<ピタヤスープのだし>
【材料】
にんじん 100g
だいこん 200g
セロリ 30g
ごぼう 60g
ねぎ 70g
しょうが 10g
昆布 5cmほど
水 2,000ml

ピタヤスープ,レシピ,

1)だし材料の野菜をよく洗い、皮のついたままで適当な大きさにカットします。

2)だし材料のすべてを鍋に入れて火にかけ、沸騰したところで弱火に。
約1時間コトコトと。

3)水分量が7~8割ほどになったら火を止めます。

4)粗熱をとったら、ザルで漉して出来上がりです。
!およそ1,500mlのピタヤスープのだしが仕上がります!

ボルシチ,具材,

< ピタヤスープ >
【材料】
アゲル ピタヤピューレ 100g
たまねぎ 1/4個
セロリ 50g
だし 400ml
オリーブオイル、しお、コショウ 少々
みょうが、豆乳、クミンパウダー、ライムはお好みで

1)アゲル ピタヤピューレは常温にもどしておきます。
セロリ、たまねぎを5mm角ほどにカットします。

2)鍋にオリーブオイルをひき、セロリとたまねぎを軽く炒めます。

3)あらかじめ作っておいた「ピタヤスープのだし」を2)に注ぎ入れ、浮いてくる泡を取り除きながら約5~8分ほど加熱します。

4)常温にもどしたアゲル ピタヤピューレを3)に入れてひと煮立ちさせ、しお・コショウで味を整えて完成です。

5)あたためて泡立てた豆乳をふんわりと乗せて、みょうが、ライム、クミンパウダーをお好みで。

ピタヤスープ,ボルシチ,

—————————————————————————-
あなたの毎日をアゲル・上げる・だんだん良くする

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)のパイオニア
~アゲル Online Shop~