「朝食」タグアーカイブ

毎日同じ…グラノーラの朝食に飽きたら、ピタヤボウルで楽しんで!

食の欧米化が問題にもなっている現代ですが、はたして朝食はご飯派とパン派どちらが多いのでしょうか?

マーケティングコンサル会社のプラスリード社が2014年に独自調査した結果では、

<女性>
パン:52% ご飯:32% 食べない:9% その他:7%
<男性>
パン:43% ご飯:38% 食べない:13% その他:6%

といった結果が出ています。
この結果を見ると約半数の人が朝食にパンを食べているんですね。
これは推測なのですが、おそらくこのパン派の約8割はバターやマーガリン・ジャムを塗って食べていると思われます。

朝食がトーストのみだと、炭水化物・脂質・糖分しか摂取できないので、栄養が不足してしまいます。
日本の伝統的な朝食は、ごはんとお味噌汁に漬物、焼き魚に卵焼きといった低カロリーで栄養バランスに優れた献立でしたが、
共働き世帯も増えて何かと忙しい現代社会で毎朝これらの献立を準備するのは非常に難しいですよね。

そこで人気が爆発したのが、手軽に食べられるのに栄養バランスが良い「グラノーラ」。
なかでもカルビーのフルグラは、今までの牛乳+シリアルという概念からヨーグルト+グラノーラという新しい朝食習慣を創出した立役者なのでです。

美味しくて栄養バランスも優れているグラノーラ、毎日食べたくなりますよね。
でもどんなに美味しいグラノーラでも毎朝食べるとなると、そのうちやって来るのが味のマンネリ…

そこでオススメしたいのが、日本でも定番になりつつあるピタヤボウルをはじめとする朝食ボウルです。

アメリカではポピュラーな朝食ボウル

ハワイからアメリカ全土に広まり日本でも人気急上昇中のピタヤボウルとアサイーボウル。
アメリカではこれらのような朝食をブレイクファーストボウルと呼んで、フルーツやトッピングを毎日変えながら楽しい朝食を過ごしています。

器にグラノーラを入れて、うえからピューレやカットフルーツ、ココナッツロングやナッツやハチミツなどのトッピングをのせた朝食ボウルは、比較的お手軽に準備ができて美味しく栄養バランスが良い理想的な朝食です。

ボウル1つで無限の組合せ!

少し前に洗い物を少なくするワンプレートメニューが流行りましたが、朝食ボウルもまさしくその仲間と言っても過言ではありません。
そして朝食ボウルは、ピューレ・フルーツ・トッピングの量や種類で味や見た目などその姿を何通りにも変化させます。

その季節しか味わえない旬のフルーツを選ぶと栄養価も味も良くなりますし、どの季節でも食べられるバナナは朝食ボウルの強い味方ですし、冷凍のブルーベリーやマンゴーは長期保存が可能なので買っておくとなにかと便利ですよ。

基本的に同系色の色をしたフルーツは味も見た目も相性が良いので、迷った時は同じ色で合わせるのも◎。
ファッションのコーディネートと一緒ですね(笑)

スーパーフルーツ・スーパーフードはやっぱり強い味方!

朝食ボウルの栄養価をもっともっと上げたいという人は、スーパーフルーツ・スーパーフードを意識して入れましょう。
ピタヤやアサイーはもちろん、ココナッツオイルにチアシード、デーツやヘンプシード、ゴールデンベリーなど、
どれも非常に栄養価の高いフルーツ・素材なのでこれらを数種類入れればまさに鬼に金棒、人に朝食ボウルと言えますね。

朝食ボウルのピューレは無糖がgood!

ピタヤボウルやアサイーボウルに使うピューレは市販の冷凍ピューレを使うのが手間もかからないのでオススメです。

冷凍ピューレを買う時は、なるべく無糖のピューレを買うようにしてください。
市販ではピタヤピューレもアサイーピューレも無糖タイプと加糖タイプが売っていますが、ここは無糖タイプにこだわって欲しいんです。
なぜなら、カットフルーツやトッピングのハチミツなどの糖分は自然な果糖で十分に糖分は摂る事ができているからです。
加糖タイプの冷凍ピューレはフルーツ本来の甘味にさらに甘味料を加えているので、糖分を摂り過ぎる可能性があるのでご注意を。

ハワイでおなじみの朝食でグラノーラのマンネリを解消

ピタヤボウルやアサイーボウルといった朝食ボウルは、そこまで手間がかからずに味も見た目も栄養もしっかり摂れる朝食です。
ピタヤボウルでしっかりと栄養を補給すれば、健康で美しいボディを手にいれる事も夢じゃありません。
毎朝グラノーラに牛乳やヨーグルトで味に飽きてきたあなた、この機会にピタヤボウルでマンネリを解消してみてはいかがでしょうか。

無糖のピタヤピューレならAgetwellピタヤピューレ
—————————————————————————-
あなたの毎日をアゲル・上げる・だんだん良くする

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)のパイオニア
~アゲルOnline Shop~